婚活戦略

田舎は結婚相手が見つからない?実際に結婚した僕が薦める一番確実な方法

田舎に住んでいると、なかなか結婚相手が見つからないですよね。

人が少なくてくじけそうになる方もいるでしょう。

この記事では、田舎で結婚相手が見つからない場合はコツや婚活方法を紹介します!

▼地方の会員数No.1マッチングアプリPairs(ペアーズ)▼

累計会員数1,000万人以上のNo.1マッチングアプリ/

\メイン年齢層が「20代」とかなり若め/

\男女ともに登録無料で使える!/

詳しくはこちら

僕も超ド田舎出身でした…

何を隠そう僕も超ド田舎出身です。

和歌山県の過疎地で生まれ育ち、周りは田んぼだらけ、コンビニの駐車場は異常にデカい、電車は1時間に1本、駅は当然無人駅…。

60歳の人でも「若者」とされるようなところだったので、本物の若者なんてそうそういないわけですよ。

ゆーけー
いるにはいますが、どうやって出会うんだって話ですよね。

それなのに、周りはやたら結婚が早い。

学生時代から付き合ってたカップルがそのままゴールインしたり、職場で貴重な若者同士意気投合したり…。

そんな風になればオールオッケーですが、みんながみんな、そううまくいくわけないですよね。

ただ、諦めるのは時期尚早です。

「田舎に生まれたから婚活を諦める」というのは悲しすぎる話ですよね。

そこで、まずは田舎で結婚相手が見つからない原因から探っていきましょう!

田舎で結婚相手が見つからない原因

田舎で結婚相手が見つからないのには原因があります。

まずはその原因をしっかり把握しておきましょう!

そもそも若者が少ない

そもそも若者が少ないですよね。

たとえばですが、世界15カ国で愛用され日本でも187万人以上のユーザーがいるマッチングアプリの「マッチドットコム」で、島根県の女性を検索してみても…

80人。

です(女性全体なので、40~50代以降も含む)。

一方、東京は1万人以上…。

若者が少ないと、出会いのチャンスも少なくなります。

出会いのチャンスが少なければ、当然ですが、結婚できる可能性も低くなるんですよね。

ちなみに、ペアーズだと田舎でも数千〜数万人の会員がいます。

さすがはペアーズですね…。

いいなと思う人には恋人がいる

「若者が少ない」とはいえ、ゼロではありません。

田舎のジャスコ(最近ジャスコってないらしいですね)なんかに行くと、若者が歩いているのを見かけます。

…が、そういうのって、だいたい隣に恋人がいるんですよね。

スウェットにキティちゃんのサンダルを履いてちょんまげみたいな髪型した田舎のヤンキー彼氏が。

超ド偏見だろ、それ…。

田舎の若者は出会いが少ないため、浮気の心配がなく、学生時代に付き合った人と長ぁ~く交際するんですね。

だからこそ、学生時代で恋人が作れなかった人は、選択肢がなくなってしまうわけです。

婚活パーティーや街コンがほとんど開催されていない

婚活パーティーや街コンといった婚活イベントはほとんど開催されていませんよね。

やってたとしても土日の昼間に50人対50人の大規模な街コンをする、みたいな…。

あれ、嫌なんだよね。知ってる人に会っちゃうし、土日休みじゃないと行けないし…。

僕は田舎の和歌山から大阪に引っ越して、出会いの多さにびっくりしました。

婚活パーティーは毎日開催されていますし、人数も少人数なものから大人数なものまで…。

田舎じゃなかなかこうはいかないですよね。

田舎で結婚相手が見つからない人の末路

田舎で結婚相手が見つからなかったらどうなるか…。

残念ながら、身の毛がよだつほど悲しい末路が待ち受けています…。

遊べる友達が誰一人いなくなる

上述したとおり、田舎はやたらと結婚が早いです。

結婚すると、独身時代のように自由に遊べる時間は少なくなります。

子どもができたらさらに少なくなり、友達と遊んでいる暇なんてほとんどありません。

ゆーけー
遊びに誘っても、「嫁がうるさくてさ…」「明日子どもの運動会だから」と、なかなかOKしてもらえないのです。

結婚できないと、このように遊べる友達がどんどん減っていき、気づけば一人ぼっちということになりかねません。

休みの日は一日中自分の部屋に引きこもってYouTubeやNetflixを観たり、公園を散歩したりすることしかできなくなります。

サイコーじゃねぇかッ。俺、好きだよ? そういう生活。

…と思うのは、30代のうちだけですよ?

年を取ると感度が鈍って昔のようにアニメや漫画を楽しめなくなりますし、心がジーンと来るような感動を覚えなくなってしまいます。

ただ時間が過ぎるのを待つだけの人間になってしまう可能性もありますよ…。

寂しい老後を送らざるをえない

結婚できずにいると、当然ですが老後は一人…いや独りです。

特に田舎は娯楽なんてありませんよね。

両親が残してくれた田んぼや畑を守るために農作業に勤しむ毎日です。

そういう生活も、個人的には良いと思うんだが…。

それは実際にやっていないからそう思うだけですね。

実際にやってみると、一人ぼっちで朝から晩まで農作業をするのは大変です。

 

体を痛めても看病してくれる人はいませんし、介護状態になっても心配してくれる人はいません。

ただ一人寂しくこの世を去っていくことになります…。

ゆーけー
咳をしても独り、というやつですね…。

近所で悪い評判が立つ

田舎は本当に「独身=出来損ない」というイメージが強いです。

「あそこのお子さん、今年で40なのにまだ独身らしいわよ」

「いい年して何してるんでしょうねぇ…親御さん、孫の顔が見れなくて寂しいでしょうね」

このような噂が立ってしまいます。

そんなもん知ったこっちゃねぇーっ! 結婚できんもんはしょうがないだろっ!

僕もそう思いますが、現実問題としてこのような噂が立ちかねないのです。

このような末路を辿りたくなければ、ばしっ! と婚活を決めて、早いところ結婚相手を見つけるべきなのです!

田舎で結婚相手を見つけるコツ

ただ、「結婚しなきゃいけないのはわかってるけど、結婚相手が見つからないの!」と考える方も多いですよね。

そこで、田舎で結婚相手を見つけるコツについて解説します。

まず田舎で結婚するか否かを考える

…ダジャレみたいになりましたが、「田舎で結婚するか否か」を考えてください。

最初の選択肢がココです。

「田舎」にこだわる必要ある?

上でも書きましたが、「田舎と都会」では出会いの差が全然違います。

僕は田舎ではまったく恋人を作れませんでしたが、都会だと1ヶ月でできました。

むしろ、女性のほうからガンガン来ることもあって、「誰にしよう…」と選ぶ必要があったくらいです。

 

だからこそ、まずは「田舎にこだわる必要があるのか」を突き詰めてください。

ゆーけー
別に田舎じゃなくてもなぁ…と考えるなら、都会で一人暮らしするのもアリです。

次に、「田舎の異性がいいかどうか」を検討する

「都会には出ていけない!」という方が次に考えなくちゃいけないのが、「田舎の異性がいいかどうか」です。

つまり、このような選択肢があるわけです。

  • 田舎の異性と結婚する
  • 都会の異性と結婚して田舎に来てもらう

前者なら、選択肢はかなり狭まる一方で「デートしやすい」というメリットがありますよね。

後者は選択肢がかなり増える一方、「遠距離になってしまう」というデメリットがあります。

ゆーけー
ちなみに、僕は和歌山に住んでいるときに大阪の彼女を作りました。毎週高速を使って会いに行っていたので、交通費がかなりかかりました…。

人によってどちらが良いか悩ましいところですが、僕の答えは後者です。

なぜかというと、出会いの数=結婚できる確率、だからですね。

 

たとえば、田舎に3人しか異性がいなかったとしましょう(どんな秘境だよ)。

その3人が友達で、「ゆーけーくんってキモいよね」みたいな意思疎通ができていたとします。

もうその地域では、僕は結婚相手を探せませんよね…(書いててかなしくなってきた)。

 

しかし、都会なら僕のことを「いいな」と思ってくれる人もいるわけです。

だからこそ、田舎で婚活を成功させたいなら、「都会の異性」にも目を向けるべきなのです。

都会の異性だと、デートしても噂が広がらないっていうメリットもあるよね。

田舎ならではの強みをアピール

問題なのが、「都会の異性にアプローチしても振り向いてくれるかどうか」ですよね。

そんなときは、田舎ならではの強みをアピールしましょう。

田舎ならではの強み

  • 車を持っている
  • 自然豊かで景色が良いところに住んでいる
  • 浮気しなさそうなイメージ

これらは都会に住むスカした野郎どもにはない要素ですよね。

都会に住んでいる方の中には、こういった要素に「いいな」と思う方もいます。

ゆーけー
田舎に住んでいると当たり前ですが、都会生まれの方にとっては憧れの存在なのです。

だからこそ、意外と「田舎ではモテなかったけど都会の異性からはモテる」という現象が起こることもありますよ。

田舎で結婚相手が見つからない人はコレをするな

田舎に住む人が婚活を成功させるには、いかに「都会の異性と出会うか」が大事です。

ただ、問題は「出会い方」ですよね。

間違った婚活スタイルで婚活してしまうと、なかなか出会えません。

そこで、田舎の人がやってはいけない婚活の種類を紹介します。

婚活パーティー

田舎の人が婚活パーティーに行くのには、このようなデメリットがあります。

注意ポイント

  • 参加人数が少なく出会いのチャンスも少ない
  • 会場まで行くのに時間がかかる
  • 知り合いなどに見つかってしまう危険性

たとえば、会場まで往復で1時間かかるとしましょう。

婚活パーティーは3~4時間くらいかかる上に、かならずしもカップル成立するとは限りません。

カップル成立しないと、その日一日を無駄にしてしまうことに…。

ゆーけー
しかも、男なら5,000円くらい取られちゃいますしね。

ただ、このような方にはおすすめです。

こんな方におすすめ

  • 異性と直接会って相手を決めたい
  • 知り合いに会っても気まずくない
  • スペックよりもトークに自信がある

こういった方は、田舎でも婚活パーティーが向いています。

実際、僕も婚活パーティーで知り合った女性と結婚間近まで迫った経験があるんですね。

婚活パーティーのコツに関しては、こちらでまとめています。

出会い系サイト

出会い系サイトは基本的におすすめできません。

出会い系サイトとマッチングアプリって何が違うワケ?

この2つはまったく違いますが、大きく言えば出会い系サイトはアダルト利用もOK、マッチングアプリは婚活・恋活限定です。

アダルト利用OKなため、出会い系サイトには悪質な業者が非常に多いんですね。

一方、マッチングアプリは業者が少なく、真面目な人がほとんどです。

各種アプリはこちらを参考にしてください!

出会い系サイト マッチングアプリ
  • ハッピーメール
  • ワクワクメール
  • PCMAX
  • イククル
  • YYC
  • Jメール
  • ペアーズ
  • Omiai
  • with
  • タップル
  • ユーブライド
  • ゼクシィ縁結び
  • ブライダルネット

とにかく出会い系サイトには業者やヤリモク、既婚者など危険人物が非常に多いです。

僕も調査のために使ったことがありますが、出会い向きではなく風俗みたいなイメージを受けました。

出会い系サイト最大手はハッピーメールですが…。

実際に事件も起きているので注意してください。

京都府警が、出会い系最大手ハッピーメールの運営会社である、アイベックの社長と運営社員の3名を逮捕しました。

引用:ハッピーメール攻略ラボ「ハッピーメールの社長が逮捕された事件について」

こちらのサイトでは、事件をきっかけにハッピーメールが生まれ変わったかのような書き込みがされていますが、他にも逮捕者は続出しています。

ゆーけー
室井佑月さんと結婚した米山隆一さんも、ハッピーメールで援助交際していたとして議員を辞職しましたよね。

事件やトラブルに巻き込まれたくないなら、出会い系サイトは使うべきではありません。

 高橋容疑者らは2019年10月、知人の女性に出会い系サイト「ハッピーメール」を利用させ、旭川市の30代の男性と会う約束を取りつけさせました。

高橋容疑者ら3人は10月12日午前0時30分ごろ男性を市内の公園に呼び出すよう仕向け、男性が女性と一緒にいたところに突然現れ、因縁をつけて現金5万円を脅し取った疑いがもたれています。

引用:FNN「夜中の公園に出会い系サイトで30代呼び出す…"美人局"と2人でいた男性脅し5万円奪う 男3人逮捕」

 同署によると、男性と少女は出会い系サイト「ハッピーメール」で知り合い、同市内のコンビニエンスストアで待ち合わせ、男性の車で公園に移動。その後、ベンチ付近に少年5人が駆けつけ、「強姦(ごうかん)になるぞ」などと因縁をつけて集団で暴行を加えたという。

引用:産経WEST「「強姦になるぞ」〝美人局〟容疑で少年少女6人逮捕 兵庫県警」

田舎で結婚相手が見つからない人はコレを使え

今度は、田舎で結婚相手を見つける方法として最適なものを紹介します。

自分に合った婚活スタイルを試してくださいね!

Twitter

ご存知「独り言」をつぶやくためのSNSですよね。

しかし、実は、最近では婚活として利用されることも多いです。

どういうことかというと、「#Twitter婚活」でつぶやいて、婚活しているもの同士でやりとりするスタイルが流行しているのです。

ゆーけー
実際にTwitterで結婚した、という方もいますね。

Twitter婚活は、つぶやきの内容から相手がどんな人なのかわかりやすい、というメリットがあります。

一方で、こんなデメリットがあることに注意してください。

注意ポイント

  • 相手の顔がわからない
  • 住んでいるところがわからない
  • つぶやきの内容が本当かわからない
  • DMを晒される危険性がある
  • 女性は出会い目的で使っていない方も多い

無料で使えて気軽に婚活できる分、成功するのはほんの一握りですね。

マッチングアプリ

おすすめがマッチングアプリです。

なぜかというと、マッチングアプリはいつでもどこでも日本中の人と出会えるからです。

田舎で婚活を成功させるにはどんどん都会の異性にアプローチするのが大事だ、と上で説明しましたよね。

たとえば、マッチングアプリなら、和歌山にいながら大阪の人を探したり、群馬にいながら東京の人と出会えたりするわけです。

でも、マッチングアプリにいる人たちって怪しくないか?

それは昔の「出会い系」のイメージを引きずっているからですね…。

マッチングアプリは出会い系と違って、婚活・恋活以外には使えません。

そのため、出会い系サイトにありがちな「セクシーな写真を載せて男を誘惑する」という業者のやり方が通用しないのです。

ゆーけー
24時間365日パトロールされているので、そういったユーザーは即アカウント削除されますね。

だからこそユーザーは安心して使うことができ、出会い系サイトよりもはるかに多い会員が登録しているのです。

実際に、僕もマッチングアプリのペアーズを使って結婚しました。

でも、お金がかかるんじゃないの? 有料って聞いたような…。

同じ婚活系のサービスでも、結婚相談所は入会金や初期費用が必要ですよね。

しかし、マッチングアプリは男女ともに登録無料です。

つまり、実際に使ってみて、「合わないな」「いい人がいないな」と思えばすぐにやめられるわけです。

このように、登録自体にデメリットがないんですよ。

さらに、女性は完全無料のものも多いです。

男性は有料会員にならないと一部の機能が制限されてしまいますが、それでも月額3,500~4,000円程度。

毎日120円とか130円とかで婚活できると考えたら、コスパは最強でしょう。

結論

田舎住みこそマッチングアプリを使うべき!

いつでもどこでも日本中の異性と出会えるし、コスパが良い

田舎だからこそ出会えるマッチングアプリ

ただ、マッチングアプリは膨大な種類があります。

マッチングアプリによって特徴や機能、会員層、年齢層が違うので、自分に合わないものを選んでしまうとなかなか出会えません。

ゆーけー
こちらの記事で、僕が実際に使った上でマッチングアプリをレビューしています。

数あるマッチングアプリの中でも、特に「田舎に住んでいる人」におすすめなものを紹介します!

ペアーズ

pairs 登録

ペアーズ累計会員数No.1マッチングアプリです。

NEWS23やメンズノンノなど各種媒体で紹介されていますし、電車の中の広告を「見たことがある!」という方も多いでしょう。

マッチングアプリをはじめるなら、まずはペアーズから使ってみることをおすすめします。

ゆーけー
実際に僕もペアーズで結婚しました。

なぜペアーズが田舎に住んでいる人におすすめかというと…

ポイント

  • 圧倒的に会員数が多い
  • 距離で検索できる
  • とにかく料金がリーズナブル

まず、ペアーズは圧倒的に会員数が多いです。

累計会員数1,000万人という数字は、2位のタップル(こちらは遊びが多いマッチングアプリです…)に2倍以上の差を付けて堂々の1位!

会員数が多いということは、それだけ理想の相手を見つけられるということですよね。

 

また、距離で検索できるのも非常に大きいです。

都会の異性を探すにしても、できる限り田舎に近い人を見つけたいですよね。

ペアーズなら近くに住んでいる人を簡単に見つけられますよ!

さらに、他のマッチングアプリに比べて料金が極めてリーズナブルです。

ペアーズ 3,590円~
Omiai 3,980円~
ユーブライド 4,300円~

こちらは1ヶ月プランの料金ですが、6ヶ月・12ヶ月プランはさらに安くなります。

なお、女性は完全無料です。

pairs3

ペアーズは男女ともに登録無料です!

ちなみに僕は、3ヶ月で結婚相手を見つけました(その3ヶ月いろいろありましたが…)。

▼ 詳しくはこちら! ▼

▲ 登録無料です ▲

Omiai

ペアーズの欠点は、会員数が多いゆえに「遊び目的の人もいる」ということなんですよね。

真剣な人と出会いたいなら、Omiaiがおすすめです。

Omiaiはペアーズと同時期にリリースされたマッチングアプリで、2020年5月現在400万人以上が登録しています。

Omiaiのおすすめポイントがこちらです。

ポイント

  • 真剣な人が多い
  • 安全性が極めて高い
  • いいねをもらいやすい

なぜOmiaiに真剣な人が多いのかというと、料金がペアーズよりもやや高めだからです。

そのため年齢層もやや高く、ペアーズが20~30代メインなのに対してOmiaiは30代以上がメイン。

 

また、安全性が極めて高いマッチングアプリとしても有名です。

通報された人にはイエローカードが付与されるため、危険人物をひと目で判断できるんですね。

さらに、独自のシステムによりいいね!が人気会員に集中しないようになっています。

ゆーけー
人気会員に対しては、消費するいいね!の数が多くなるんですね。

だからこそ、いいね!をもらいやすく、田舎に住んでいる方でも都会の人からアプローチされやすいですよ!

彼女がいる人はスルーしてください

Omiaiも男女ともに登録無料です!

Omiaiは本当に綺麗でしっかりした女性が多かったです。

▼ 詳しくはこちら! ▼

▲ 登録無料です ▲

 

ユーブライド

ユーブライド 登録

ペアーズ、Omiaiともに、「恋愛目的」の方が多いんですね。

本気で結婚したいなら、「婚活」がメインのユーブライドがおすすめです。

ユーブライドのおすすめポイントがこちら!

ポイント

  • 成婚実績No.1マッチングアプリ
  • 会員の8割が6ヶ月以内に相手を見つけている
  • 各種証明書が提出できる

まず、ユーブライドは老舗の婚活サイトです。

成婚実績はマッチングアプリの中でもNo.1で、2018年は2,442人が成婚退会しています。

 

また、ユーブライドは30代後半~40代の方が非常に多いです。

そのため結婚に前向きな方がほとんどであり、関係の進展スピードも早いんですね。

 

さらに、これらの証明書を提出することができます。

  • 独身証明
  • 収入証明
  • 学歴証明
  • 資格証明

確実に独身の人を見つけられますし、ハイスペな相手と出会うことも可能ですよ!

youbrode

ユーブライドはとにかく年齢層が高い!

だからこそ、真剣な人が多いです。ただ、女性も有料課金必要なので気をつけてくださいね。

▼ 詳しくはこちら! ▼

▲ 登録無料です ▲

 

まとめ

結婚相手が見つからないと嘆く方の解決策をまとめます。

  • 結婚相手が見つからない場合、出会いの幅を都会に広げる
  • 都会に出られない場合は、都会の異性に田舎へ来てもらう
  • そのために、都会の異性と接点を持つ
  • おすすめの婚活方法はマッチングアプリ
  • 特に、ペアーズ、Omiai、ユーブライド

素敵な相手を見つけて、幸せな結婚生活を目指しましょう!

▼僕が結婚したマッチングアプリPairs(ペアーズ)▼

累計会員数1,000万人以上のNo.1マッチングアプリ/

\メイン年齢層が「20代」とかなり若め/

\無料会員でもある程度使える!

詳しくはこちら

スポンサードリンク

-婚活戦略

© 2021 みんなの婚活戦記