婚活戦略

婚活アプリで簡単に会ってくれない男の心理10選!元人気会員が暴露

婚活アプリでは、女性のほうから男性をデートに誘うのはためらってしまいますよね。

しかし、男性側がなかなか誘ってくれないと、「なんでなんだろう」と不安になることが多いです。

そこで、この記事では婚活アプリで簡単に会ってくれない男の心理を解説します!

婚活アプリで会うまでの時間は平均して2週間

婚活アプリでは、ほとんどの方がマッチングして2週間以内に会っています。

つまり、2週間を超えると、その相手は「簡単に会ってくれない男」と言えますね。

ゆーけー
僕も妻とは2週間くらいで会いました!

Twitterを見てみても、「2週間で会った」という方がほとんどですよ。

実際に、婚活アプリのゼクシィ縁結びでは2週間を超えるとやりとりできないようになっています。

このように、「2週間」という期間が一種の目安なのです。

ただ、マッチングアプリによって男性のモチベーションや目的が変わるため、デートに誘われる目安も変化します。

こちらで各マッチングアプリの会員データなどを紹介しているので、参考にしてみてください。

婚活アプリで簡単に会ってくれない男の心理

まず、「なぜ会ってくれないのか」という男性心理を理解しましょう!

そうすることで対策を立てやすくなりますし、危険人物を避けられます。

単に奥手

男性の中には、恋愛に対して慎重派な方もいます。

慎重派な男性は、「断られて傷つきたくないから、100%をOKをもらえる状態で誘いたい」と考えています。

ゆーけー
そのため、仲が深まったらデートに誘ってくれますが…こういうタイプは告白やプロポーズもめちゃくちゃ遅いので気を付けてください。

ただ、このような慎重派タイプは、「理系研究職」のように意外なハイスペも多いです。

相手がハイスペな場合、長期戦を覚悟するのも大事ですよ!

単に婚活アプリに慣れていない

婚活アプリ初心者の男性も、簡単に会ってくれない場合があります。

結婚相談所などと違って「2週間以内に会いなさい」と教えてくれることもないので、「デートを誘うタイミングがわからない」と感じる人もいるんですね。

 

この場合、相手にわざわざ「アプリ初心者ですか?」「いつ始めたんですか?」と聞く必要はありません。

ほとんどの場合、新しい会員にはプロフィールに「New」などと表示されています。

新メンバーに対しては、寛大な気持ちでデートに誘われるのを待ちましょう!

そもそも恋愛経験がほとんどない

奥手・婚活アプリ初心者という以前に、童貞…ではなく「恋愛経験がほとんどない」ことも考えられます。

「そもそも女性をデートに誘った経験がない」というパターンですね。

ゆーけー
僕も恋愛経験がなかったときは、どんなタイミングでデートに誘えばいいかわかりませんでした。

特に、婚活アプリ・マッチングアプリの出会いは、お互い会ったこともない状態でスタートするわけです。

恋愛経験ゼロの男性がデートのお誘いに戸惑うのも無理はありません。

ちなみに、恋愛経験のない男性の特徴がこちらです。

  • やたらとかしこまっている
  • メッセージの時点で自信なさげ
  • 写真に笑顔が少ない、恥ずかしそう

注意しなければならないわけではありませんが、恋愛経験のない男性とは進展が遅いです。

結婚を急ぐ場合は、避けたほうがいいでしょう。

女性を警戒している

婚活アプリの中には、女性の危険人物も存在します。

たとえば、こういった相手ですね。

注意ポイント

  • 業者
  • 勧誘
  • ぼったくりバー
  • 美人局

実際に、SNSでは「被害に遭った」という方もいます。

特に、かわいい女性といきなりマッチングしたり、女性の方からグイグイ来たりするとこのように思いやすいです。

しばらくメッセージでやりとりして、本物の女性かどうか見分けようとしているわけですね。

「デートに誘うのはまだ早い」と感じている

人によって「仲良くなれた」という実感は違いますよね。

タメ口で話し合えるようになったらそのように感じる場合もありますし、1週間毎日やりとりすることでそう思う方もいます。

ゆーけー
僕は勘違い野郎なので、2〜3回話しただけで「仲良くなれた! 脈アリだ!」と感じてしまいますね。

そのため、女性のほうが「いい感じだ」と思っても、男性が同じように思ってくれているとは限りません。

女性の優先順位が低い

婚活アプリは同時並行が当たり前です。

男性は女性に比べてもらういいねが少ないですが、それでも2〜3人とやりとりしています。

ゆーけー
実際に、僕も妻以外の女性と同時並行していました。

SNSを見てみても、同時並行している方は多いです。

同時並行する場合、一番気に入っている女性を「第一候補」として、優先的にデートに誘うことが多いです。

つまり、簡単に会ってくれない場合、優先順位を下げられている可能性があります。

仕事が忙しすぎる

婚活アプリにいる男性は、社会人がメインです。

いわゆる「ハイスペ」と呼ばれる男性は、そもそもデートに充てられる時間があまりありません。

そのため、簡単に会ってくれない傾向にあります。

こういった男性は、本物のハイスペである可能性が高いです。プロフィールを偽っている偽物のハイスペはヤリモクが多いので、すぐに会おうとしてきます。

ハイスペは婚活アプリでは貴重な存在です。

「会ってくれないから」と諦めるのではなく、じっと待ちましょう!

もともと会うつもりがない冷やかし

婚活アプリに登録しているのは、結婚願望がある人ばかりではありません。

中には、「会うつもりがないのに登録している」という方もいます。

特に、Tinderなど男性も無料で使えるマッチングアプリは冷やかしが非常に多いので注意してください。

他にも、マッチングアプリを市場調査やリサーチのために使っている方もいます。

自分のブログでレビューを書くために、わざわざ登録して実際に使ってみる…という方もいるわけですね。

会うことに罪悪感のある彼女持ち

婚活アプリの中には彼女持ちも存在します。

実際に、SNSでは「彼氏がマッチングアプリに登録していた」という報告が相次いでいます。

彼女がいるのにマッチングアプリに登録するのは、100%ヤリモクです。

ヤリモクは体の関係が目的であるため、仲を深めることはできません。

ゆーけー
しかし、ヤリモクの中にもヘタレな男性がいて、「登録したはいいものの、彼女に悪いし…」と考えて、なかなか「会おう」と決断しない場合もあるんですね。

マッチングアプリの危険人物に関しては、こちらの記事でもまとめています。

自分でスケジュールを組みづらい既婚者

婚活アプリの中には、彼女持ちの他に既婚者も存在します。

やはりこちらもSNSで報告が相次いでいますよ。

既婚者は自分でスケジュールを決められないことが多く、簡単に会ってくれません。

子どもがいると子どもを優先しないといけないですし、いなかったとしても妻・嫁が不在のときでないと会えないからです。

そもそも既婚者と会うのは危険です。万が一、体の関係を持ってしまうと、法律上の「不貞行為」とみなされ慰謝料を請求される危険性もあります。

既婚者を避けたい場合は、独身証明書を提出できるマッチングアプリか結婚相談所を使いましょう。

独身証明書を提出できるマッチングアプリに関しては、こちらで解説しています。

おすすめの結婚相談所がこちらです。

【結論】婚活アプリで簡単に会ってくれない男は信じるな

結論として、婚活アプリで簡単に会ってくれない男は、いわゆる「危険人物」である可能性があります。

つまり、ヤリモクや既婚者などですね。

もちろん、中には上で書いたように「忙しい」「誘うタイミングがわからない」という方もいるのは事実です。

ゆーけー
とはいえ、そういった方とはなかなか関係が進展しません。相手がハイスペや自分の好みじゃない限りは、別の男性に切り替えたほうが賢明ですよ。

ここまでのまとめ

  • 簡単に会ってくれない男は信用しないほうがいい
  • 2週間以内に誘われなければ別の男に切り替える
  • ただし、ハイスペや自分の好みだった場合は我慢してもOK

婚活アプリで簡単に会ってくれない男を見極める方法

ただ、中には「2週間も待ってられない!」と考える女性もいますよね。

そこで、相手の男性が「簡単に会ってくれない男かどうか」を、マッチングアプリの元人気会員だった僕が解説します。

簡単な質問をしてみる

簡単な質問をすることで、男性に「この子は俺に気があるのかも!?」と思ってもらえます。

すると、奥手な男性やマッチングアプリ初心者の男性でも、ごはんに誘いやすくなるわけですね。

ゆーけー
実際に、僕も質問してくれたら「誘おうかな」という気持ちになりましたよ。まぁ、その女性とは、逆にブロックされてしまいましたが…。

ここで大事なのが、「簡単な質問」という部分です。

簡単な質問とは、「はい」か「いいえ」など答えが限定される内容のものです。

たとえばですが、「休みの日は何をしているんですか?」という質問は、答えが限定されないため良くありません。

相手に「なんて答えよう…まぁいいや、返事するのは今度にしよう」と思われてしまいます。

そうではなくて、「私は休みの日に旅行行くのが好きです!**さんは旅行好きですか?」など質問を工夫するようにしてください。

実際に、こういった質問の仕方は「クローズドクエスチョン」と呼ばれ、一流の営業マンがアイスブレイク(取引先の心を開く場面)で使われます。

ごはんの話を振る

ごはんの話を振ると、その流れで男性が誘いやすくなります。

たとえば、「今日ランチでイタリアン食べてきたんですよ♪」といったメッセージを送ってみてください。

真面目で誠実な人なら、「今度、一緒に行きましょう」という流れになりやすいですよ。

 

相手が誘ってこなかったり話題を変えられたりすると、「簡単に会ってくれない男」のパターンです。

デートに誘ってくれるまで、あと1週間〜10日くらいはかかると考えてください。

そんなに待てないよね…。

「どんな人なのか気になる」など匂わせる

基本的に男は女性よりも鈍感です。

女性が「気になるアピール」しても、気づかないことのほうが多いんですね。

さっさとデートに誘ってほしい場合は、「どんな人なのか気になる」などストレートな表現で好意を匂わせるのがGoodです!

ゆーけー
僕はペアーズでいいね数500+の女性から、マッチング初日に「会ってみたいです♡」と言われ、その15分後にデートしたという経験もあります。

「どんな人なのか気になる」というアピールでなびいてくれない男性は、関係が進展しづらいタイプです。

スピード婚は望めないので、別の男性にアプローチしなおしましょう!

婚活アプリで男が思わず「会いたい」と思う女性の特徴

僕は婚活アプリで30人以上の女性とデートして結婚相手を見つけました。

そういった経験から、男が思わず「会いたい」と感じる女性の特徴を紹介します!

かわいい

やはり男は「見た目」で選ぶことが多いですね…。

僕も結婚相手を探す際にもっとも重視していたのは「見た目」でした。

ゆーけー
妻の写真もめっちゃかわいかったんですよね(今もかわいいけど)。

実際に、このような調査結果も出ています。

「マッチングアプリで男性が女性を選ぶ際、プロフィールのどこを一番重視しますか?」というアンケートを男性84名に実施したところ、57%の男性が「写真」と答えました。

マッチングアプリ大学

ただ、中にはこのように思う女性もいるでしょう。

そんなこと言われても、私、かわいくないし…。

ぜんぜん大丈夫です!

マッチングアプリで「会ってもらえるかどうか」は、写真で決まります。

つまり、見た目に自信がなくても、写真をかわいく工夫できれば男性が「会いたい」と感じるのです。

僕がおすすめする「マッチングアプリに最適な写真」がこちらです。

基本的に、「上目遣い」になるように撮ってください。

男からすると、「付き合ったらこんな感じの目線なんだろうな」とリアルに思ってもらえるからです。

表情は笑顔がベスト!

モデルのようにかっこつける必要はありません。

要点をまとめます。

ポイント

  • マッチングアプリで男が重視するのは「写真」!
  • 基本的に上目遣い
  • 表情は笑顔

いいね数が多い

女性のいいね数が多いと、男は「早めにデートに誘おう」と感じます。

なぜかというと、「それだけライバルが多いんだ」と考えるからです。

ゆーけー
ほとんどの女性は、登録して3日くらいでいいね数が300くらいになります。

逆に言えば、いいね数が300に満たないと、男性に優先順位を下げられてしまいなかなか誘われません。

足跡をコツコツ付けたり写真を見直したりして、いいね数を稼ぎましょう!

「気があるのかも」と思ってしまう

男は勘違いしやすい生き物です。

僕もよく妻に「勘違いしすぎだよっ!」と怒られます。

はじめてデートしたときから、「この子は俺に気がある!」って思ってたんだっけ…?

つまり、男を勘違いさせられればデートに誘われやすくなるのです。

勘違いさせるためには、上で説明したように「気になる」アピールをしたり、男性が「自分のタイプに当てはまる」ということを強調したりするのがおすすめ!

住んでいるところが近い

住んでいるところが近いと、デートに誘う際のハードルも下がります。

詳しい住所まで教える必要はないので、「私は**市(**区)に住んでますよ!○○さんはどこですか?」と聞いてみましょう。

住んでいるところを教えてくれない男は既婚者か彼女持ちなので注意!

ここで大事なのが、「先に自分の情報を伝える」ということ。

自分の情報を先に伝えることで、相手も教えてくれやすくなります。

心理学ではこれを「自己開示の返報性」と呼びます。

職場が近い

職場が近い女性もデートに誘いやすいです。

「近いですね!じゃあ仕事帰りにごはんでもどうですか?」といった流れになりやすいわけですね。

ゆーけー
こちらも自分から職場の場所を教えるのが大事ですよ。まぁ、誠実な人であれば、向こうから教えてくれますけどね。

注意しなければならないのが、仕事帰りのデートはヤリモクの遭遇率も高くなるということです。

21時以降など極端に遅い時間を指定してきた場合、ヤリモクの可能性が高いので気をつけてください。

食べ物の好みが似ている

マッチングアプリのデートは食事になることが多いです。

食べ物の好みが似ていると、男性も安心して女性を誘えます。

ただ、無理して相手に合わせる必要はありません。

また、アレルギーや嫌いなものは事前に相手に伝えておいたほうがいいでしょう。

婚活アプリでデートに誘ってもらえる男心をくすぐるテク

男性に「会いたい」と思ってもらえても、実際に誘ってもらえるかどうかは話が別です。

そこで、ここでは婚活アプリでデートに誘ってもらえる「男心をくすぐるテク」を紹介します。

積極的に質問する

積極的に質問してくると返事の優先順位が上がり、デートに誘ってもらいやすくなります。

なぜかというと、質問されると「自分に気があるのでは?」と勘違いするからです。

男って勘違いしてばっかりだな…
ゆーけー
でないとキャバ嬢とかアイドルにガチ恋したりしないでしょ?

基本的に、婚活アプリでは、会話の主導権も男が握ることが多いですよね。

女性は男よりもたくさんいいね!をもらうため、男は「自分を選んでもらおう!」と必死になっているわけです。

だからこそ、「質問する側」になることが多く、女性から質問されたら「あれっ? この子は他の女性と違う。俺に気があるんだ!」と思うようになりますよ!

適度に褒める

やはり褒められるとうれしいものです。

褒める部分はどこでも構いません。

ただ、できれば「男性が自慢したいと思っている部分」を褒めるのが効果的です。

たとえば、顔のアップをメイン写真にしている場合、心の底で「かっこいいって言ってほしい」と思っているわけですね。

「会うまでの希望」を「すぐ会いたい」にしておく

プロフィールの「会うまでの希望」を「すぐに会いたい」にしておくと、男性からデートに誘われるスピードが早くなります。

ただし、ヤリモクなどに狙われる可能性もあるので気をつけてください。

逆に、男性で「会うまでの希望」を「すぐ会いたい」にしている相手も気をつけるべきです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

お酒好きアピール

男性はお酒好きな方が多いです。

プロフィールや自己紹介文などでお酒が飲めることをアピールすると、誘われやすくなりますよ!

ただし、こちらもヤリモクが増えるので気をつけてくださいね。

まとめ

婚活アプリの「簡単に会ってくれない男」についてまとめます。

婚活アプリの「簡単に会ってくれない男」についてまとめ

  • 婚活アプリでは2週間以内にデートを約束するべき
  • 簡単に会ってくれない男は怪しい
  • ハイスペや自分の好みならじっと待つのもアリ
  • それ以外の男はスルーするのが賢明
  • 「誘われやすい女性」を目指そう

今回紹介したことを実践して、婚活アプリで素敵な男性を見つけてくださいね。

-婚活戦略

© 2021 みんなの婚活戦記