婚活戦略

アフターコロナで婚活はこう変わる!?重要な5つの点を徹底解説!

コロナの影響は、婚活市場にも大きな影響を及ぼすのは間違いありません。

一時的な影響というよりも、もはや「社会が変わった」と考えるほうがいいでしょう。

この記事では、アフターコロナの婚活を勝ち抜くための戦略を紹介します!

アフターコロナの婚活で変わること

コロナの影響で、婚活市場に大きな変化が起きます!

  • 婚活市場に人が増える
  • オンラインデートという新たな選択肢
  • 「価値観の一致」がより重要になる
  • マッチングアプリの会員数がさらに増加
  • 婚活パーティー、結婚相談所は減少

これらをいち早くカバーすることで、結婚できる確率が大きく違います。

婚活市場に人が増える

まず、確実に婚活市場に人が増えます。

どういうことかというと、一人暮らしの方が「隣に誰もいないのは寂しい」と気付いたからですね。

実際に、SNSを見てみても、「コロナが明けたら婚活する!」と宣言している方は多いです。

このように感じているのは、男性よりも女性のほうが多かったです。

男性は外出自粛でもそこまで「寂しい」と考えている方は多くなく、むしろテレワークで快適に過ごしている方もいました。

以上のことから、コロナ明けではこのような事態が発生します。

ポイント

  • コロナが明けると婚活市場に人が増える
  • ただし、その多くは女性
  • 男性はやや増加か現状維持

オンラインデートという新たな選択肢

婚活の選択肢として、「オンラインデート」が新たに誕生しました。

ゆーけー
一言で言えば「ビデオ通話」ですね。ただ、現在は単なるビデオ通話ですが、今後、5Gの出現で家にいながらデートができるようになっていくでしょう。

実際に、これらの人気マッチングアプリがオンラインデート機能を追加しています。

  • ペアーズ
  • Omiai
  • Tinder
  • Dine

各種婚活パーティー会社もこぞって「オンライン婚活パーティー」を開始しています。

オンラインデート、ビデオ通話というのは、単に電話の延長やデートの代わりではありません。

これからの婚活における新しいアプローチ方法の一つになる可能性が高いため、今までと違った戦略を立てる必要があります。

「価値観の一致」がより重要になる

コロナで話題となったのが、このようなキーワードです。

  • コロナ離婚
  • コロナ破局
  • コロナ別居
  • コロナ不倫
  • コロナDV

なぜこのようなキーワードが話題になったのかというと、外出自粛で旦那と家にいる機会が多くなったからですね。

旦那と一緒にいる時間が増えた結果、価値観の違いを目の当たりにし、仲が悪くなったり離婚・破局を決意したりする方が増えたのです。

実際に、Twitterを見てみても「コロナで価値観の違いがわかった」という声は多いですよ。

こちらの記事では、「年収1,000万の旦那と価値観の違いからコロナ離婚した」と紹介されています。

当人は年収400万円の正社員で、婚歴10年ほど。旦那は年収1,000万円で小さな子どもが2人おり、価値観の違いからコロナ離婚を検討中とのことです。

引用:MONEY VOICE「コロナ離婚は年収1000万円でも止められない。ステイホームで価値観の違いが明確に=山本昌義」

今まで婚活で重視されていたのは年収や職業、学歴、身長といった「スペック」でした。

しかし、スペック重視で付き合っても、このように結局は価値観が違って別れてしまうのです。

だからこそ、アフターコロナでは「価値観の一致」がより重視されるようになります。

マッチングアプリ・婚活アプリの会員数がさらに増加

コロナではほとんどの企業が打撃を受けています。

実際に、東洋経済ではこのように解説しています。

世界は、リーマンショックをはるかに上回り、1930年代の「大恐慌」クラスの不況に陥る可能性を強く警戒している。

引用:東洋経済「コロナ大恐慌、日本を待つ4つの最悪シナリオ」

企業がダメージを受ければ失業者が増え、社員の給料・ボーナスも下がりますよね。

ゆーけー
しかし、上述したようにコロナの影響で婚活市場に人が増えます。

だからこそ、手軽にはじめられて費用も結婚相談所よりはるかに安いマッチングアプリが人気になるわけです。

さらに、マッチングアプリでは相手と自分の価値観や相性が分かるようなものも多いです。

たとえば、メンタリストDaiGoが監修しているwithでは相手と自分の相性がわかりますし、ゼクシィ縁結びやブライダルネットではお互いの価値観がどれだけ合っているかという「価値観マッチ」が利用できるんですね。

一方、マッチングアプリは結婚相談所に比べて会員の「質が高い」とは言えません。

独身証明書などの提出が必須ではなく本人確認だけで使えるため、既婚者やヤリモクが潜んでいる可能性もあるわけです。

こういった危険人物も増えると予想されるので、アフターコロナの婚活ではより警戒心を強く持つ必要があります。

婚活パーティー、結婚相談所は減少

婚活パーティーや結婚相談所は減少していくでしょう。

まず、どちらもマッチングアプリに比べて料金が高く、効率が良いとも言えません(その分、真面目な人に出会えるというメリットはありますが)。

ゆーけー
特に、婚活パーティーはコツを身に付けておかないとなかなか選ばれないので気をつけてください。

実際に、各市場の成長率を見てもマッチングアプリは急上昇していますが婚活パーティー、結婚相談所は減少か現状維持です。

こちらは2017年の記事ですが、2020年現在はさらにこの流れが加速するでしょう。

婚活パーティ・イベントについては引き続き開催数・参加者数が増加しました。しかし、Google Trend推移では人気度が頭打ちで漸減傾向であることから、すでに利用者層への浸透は終了していると考えられます。

(中略)

結婚相談所については、テレビドラマ等の影響で利用者層にあらためて認知が広がっていますが、上場各社の会員数についてはほぼ頭打ちとなっています。

(中略)

マッチングアプリは、Google Trend推移によると人気度はさらに増加しています。まだまだ利用者拡大の余地があると考えられます。既存の大手アプリの会員数は増加を続けている一方、新しいアプリが次々と登場しており、提供各社による会員の獲得競争が激しくなりそうです。

引用:2017年度の婚活関連サービス市場を総括し、2018年度を予測「婚活関連サービス市場予測2018」

ただ、婚活パーティー・結婚相談所ともにマッチングアプリの欠点を補う部分もあります。

たとえば婚活パーティーでは「会って相手を選べる」というメリットがありますし、結婚相談所は「安心して利用できる・コンシェルジュに相談できる」というメリットがありますよね。

減少するとはいえ一定のニーズがあるので、その部分に魅力を感じる方もいるでしょう。

アフターコロナの婚活を成功させるには

上記で説明したことを簡単にまとめますね!

まとめ

  • ビデオデートという新しい選択肢が増える
  • アフターコロナでは「価値観」が重要視されるようになる
  • マッチングアプリで婚活する人が増える一方、ヤリモクなどの危険人物も増える

これらを踏まえた上で、婚活を成功させるための方法を解説していきます。

基本的にはマッチングアプリで活動

基本的にはマッチングアプリで婚活していくことをおすすめします。

マッチングアプリがもっとも安価で効率的だからですね。

ゆーけー
実際に、僕もマッチングアプリのペアーズで結婚しました。

上述もしましたが、会員数が伸びているのは婚活パーティー・結婚相談所ではなくマッチングアプリ・婚活アプリです。

マッチングアプリではお互いのプロフィールをしっかり確認することができるので、同じ価値観の相手をすぐに見つけることができます。

特に女性は完全無料のものも多いので、結婚相談所よりも安く相手を見つけられるのは間違いありません。

ただし、女性無料のマッチングアプリは年齢層が若く、男性の質も低いので気をつけてください。本当に結婚したいなら、男女ともに有料のものを選びましょう。

「損切思考」で効率良く婚活する

マッチングアプリで婚活を成功させるためには「損切思考」が大事です。

どういうことかというと、「この人はダメだな」「この子とは結婚できないかもしれない」と感じたら、すぐに関係を断つようにするべきです。

ちょっと冷たい印象を受けるんだけど…。

たしかに冷たいかもしれませんが、「結婚できない恋人」といつまでも付き合っていても、時間だけが無駄になってしまいます。

マッチングアプリに登録している人は、全員、「今すぐ結婚したい!」というモチベーションではありません。

上述したようにヤリモクなどの危険人物が潜んでいますし、結婚願望がまったくない方もいるんですね。

ここで大事なのは、「会ったり付き合ったりする前にしっかりと相手を見極めること」です。

結婚できずにズルズル付き合ってしまうのは、「今までの時間を無駄にしたくない」という心理が働くからなんですね。

ゆーけー
心理学でいう「サンクコスト」です。

逆に言えば、長く付き合ったり関係を深めたりしなければ、ズルズル付き合うこともないわけです。

だからこそ、会ったり付き合ったりする前にしっかりと相手を見極めるようにしてください。

具体的には、こういった点がポイントになります。

  • オンラインデート(ビデオ通話)で会うまでに相手の印象を把握する
  • ヤリモク・既婚者などの危険人物に騙されない(最近は手口がかなり巧妙化している)
  • しっかりと相手と「価値観」をすり合わせる、もしくは価値観の似ている相手を選ぶ

こちらの記事も参考にしてください!

条件を下げたほうが勝つ

コロナの影響により、多くの方が失業したり収入を減らしたりしています。

そのため、婚活市場に現れる男性のスペックも軒並み下がると予想されるので、条件を下げたほうが結婚しやすくなります。

ゆーけー
具体的には、女性は「自分より年収が低い男性」も考慮に入れるべきでしょう。

上述したように、年収1,000万の男性と結婚しても価値観が違えば離婚することになります。

専業主婦であれば再就職は非常に困難ですし、女性は30を超えると婚活でなかなか選ばれません。

実際に、「ユーブライド」というマッチングアプリにいる男性の年収を調べた結果がこちらです。

年収300万未満 28.732%
年収300~400万未満 24.310%
年収400~600万未満 29.897%
年収600~800万未満 14.759%
年収800万以上 0.196%

(※2020年6月1日集計)

ユーブライドは30代後半がメインのマッチングアプリです。

30代後半がメインのマッチングアプリですら、「約3人に1人が年収300万未満」という現状なんですね。

年収800万以上に関しては、ほぼ存在しないも同然の数値です。

希望条件を一段階下げて、女性でも「自分が大黒柱になる」という気持ちで婚活することをおすすめします。

アフターコロナの婚活におすすめのマッチングアプリ

最後に、アフターコロナの婚活におすすめのマッチングアプリを紹介します。

ゆーけー
僕は、コロナ以降、これらのマッチングアプリがよりにぎやかになるだろうと確信しています。

それぞれ特徴が違うので、1つずつ紹介していきますね。

【もっともおすすめ】ブライダルネット

ブライダルネット 登録

運営会社 株式会社IBJ
料金 女性:3,980円~/月
男性:3,980円~/月
年齢層 30代~
会員数 現会員30万人
特徴 ・大手婚活パーティー会社IBJが運営
・有料会員でなければ登録できない(アプリでお試しあり)
・会員一人ひとりにコンシェルジュが付く
出会いやすさ
会員の真剣度
おすすめ度

ブライダルネットは株式会社IBJが運営している婚活アプリです。

ブライダルネットの優れている点が、「結婚相談所の10分の1程度の費用で、同じくらいのサポートを受けられる」という部分なんですね。

ブライダルネット 登録

たとえば、ブライダルネットでは会員1人に専任のコンシェルジュが付いてくれます。

コンシェルジュには何度でも相談できますし、婚活だけじゃなくデートの話題や服装についてのアドバイスを受けることも可能です。

また、各種証明書の提出機能があるため危険人物を回避することができる上に、「価値観マッチ」で同じ価値観の異性を探せるんですね。

ゆーけー
他にも、日記機能で相手の人となりを知ることができます。日記機能があるマッチングアプリは、ブライダルネット以外にほとんどありません。

ここまで機能が充実していて、月額たったの3,980円なんですね。

さらに、男性は10人に1人が年収800万とハイスペが非常に多いのも特徴的です。

ブライダルネットは真面目な会員しか受け付けていないため、基本的に有料会員登録しかできません。

しかし、今ならアプリ版に登録すると無料で30日間お試し利用できます。

結婚・お見合い・婚活・結婚相談の総合サイト ブライダルネット

ブライダルネットは月額3,980円で結婚相談所並のサポート!

男性はハイスペも多く女性におすすめです。

▼ 詳しくはこちら! ▼

▲ 登録無料です ▲

ペアーズ

pairs 登録

運営会社 株式会社エウレカ
料金 女性:無料
男性:3,590円~/月
年齢層 20代~30代
会員数 累計会員数1,000万人以上
特徴 ・言わずと知れた人気No.1マッチングアプリ
・どんなユーザーにもフィットする設計
・料金が安く出会いやすい
出会いやすさ
会員の真剣度
おすすめ度

ペアーズもまだまだおすすめです。

ビデオデート機能が付きましたし、会う前にどんな人か判断しやすくなりました。

今後、「会う前にビデオデート」という流れがさらに強くなれば、悪質なユーザーなどはどんどん淘汰されるでしょう。

ゆーけー
僕はペアーズで結婚したので、ペアーズイチオシです。女性は無料ですしね。

ペアーズも新機能の「わたしの大切な価値観」によって、同じ価値観の相手を探しやすくなりました。

累計会員数は圧倒的に1位ですし、理想の相手を見つけやすいですよ。

pairs3

ペアーズは男女ともに登録無料です!

ちなみに僕は、3ヶ月で結婚相手を見つけました(その3ヶ月いろいろありましたが…)。

▼ 詳しくはこちら! ▼

▲ 登録無料です ▲

Omiai

運営会社 株式会社ネットマーケティング
料金 女性:無料
男性:3,980円~/月
年齢層 20代後半~30代
会員数 累計会員数400万人以上
特徴 ・日本初のマッチングアプリ
・ユーザーの質と安全性が高い
・使いやすくシンプル
出会いやすさ
会員の真剣度
おすすめ度

Omiaiはペアーズと同じく女性完全無料です。

ペアーズとの違いは、「真面目な会員が多い」という点ですね。

Omiaiは男性料金が高いため、年齢層も高く、その分真面目な会員も多いのです。

ゆーけー
調査してみても、年齢・年収ともにペアーズより平均が高かったですよ。

また、Omiaiは非常に安全性が高いマッチングアプリでもあります。

プロフィールを非公開にすることもできますし、危険なユーザーにはイエローカードが付与されるのですぐに見分けることも可能です。

こっそり安全に婚活したいならOmiaiを使いましょう!

【Omiai -オミアイ-】

Omiaiも男女ともに登録無料です!

Omiaiは本当に綺麗でしっかりした女性が多かったです。

▼ 詳しくはこちら! ▼

▲ 登録無料です ▲

まとめ

アフターコロナの婚活戦略についてまとめます。

  • コロナ以降、同じ「価値観」の相手を見つけるのが大事になる
  • ビデオデートという新しい戦略を考える
  • 婚活する人が増えて、マッチングアプリがさらに人気になる
  • マッチングアプリでは、危険人物を事前に回避する
  • おすすめはブライダルネット、ペアーズ、Omiai

コロナの影響で婚活も大きく変化します。

自分の婚活スタイルを見直して、素敵な相手を見つけてくださいね

スポンサードリンク

-婚活戦略

© 2021 みんなの婚活戦記