婚活戦略

【2020年】婚活アプリで絶対盛り上がる!メッセージの内容12選

婚活アプリで相手と仲を深めたいなら、メッセージの質を高めるのが大事です。

LINE交換するのも関係を進展させるのも、すべてメッセージが基本になります。

この記事では、マッチングアプリで30人以上とデートし、ペアーズで結婚相手を見つけた僕が、婚活アプリのメッセージについて徹底解説します。

「おすすめのマッチングアプリを知りたい」という方は、こちらの記事をご覧ください。

【2020年】出会えるマッチングアプリランキング【20個以上を調査!】

婚活アプリのメッセージにおける3つの基本

婚活アプリのメッセージには3つの基本があります。

ゆーけー
こちらを覚えておかないと、なかなか関係が進展しません!

3つの基本

  • 10日〜2週間でデートに誘う
  • かならず敬語で話しかける
  • 自分から積極的に送る

それぞれ説明していきます。

10日〜2週間でデートに誘う

婚活アプリでは、10日〜2週間にデートに誘うのが一般的です。

ゆーけー
僕も、どの婚活アプリでも10日〜2週間以内に誘っていました! 妻とも2週間程度で会っています。

SNSを見てみても、10日〜2週間で会っている人が多いです。

実際に、婚活アプリの「ゼクシィ縁結び」では、2週間しかやりとりできないようになっています。

なぜ10日〜2週間に誘わなければならないかというと、婚活アプリでは同時進行が当たり前だからです。

つまり、「たくさんの人と効率的に会いたい」という方が多いため、誘うのが遅くなると優先順位を下げられてしまうわけです。

同時進行に関しては、こちらの記事をご覧ください。

婚活の同時進行完全マニュアル!最適な人数は何人?選べないときは?

かならず敬語で話しかける

婚活アプリでは、敬語で話しかけるのが鉄則です。

タメ口で話しかけるだけで、相手からブロックされる可能性もあるので注意してください。

特に男性は、一回り年下の女性とマッチングすることもありますよね。

そんなときでも、かならず敬語を使うようにしてください!

あと、多いのが2通目からいきなりタメ口になる人ですね。タメ口で話したい場合、「タメ口でもいいですか?」と確認するのがマナーです。
ゆーけー
営業とかの現場で、いきなりタメ口で話しかけたら一発アウトですよね。

自分から積極的に送る

メッセージは自分から積極的に送ってください。

たとえばですが、向こうからいいね!が来てマッチングした場合でも、メッセージが来るのを待つようでは良くありません。

ゆーけー
どちらがいいね!を送ったかは関係ありません! メッセージを待っていると、別の異性に相手を取られてしまいます。

マッチングしたら、できるだけ早くメッセージを送りましょう。

特に男性は有料会員にならないとメッセージが送れませんよね。

課金するかどうか悩んで放置するのではなく、いい人がいたらすぐ有料会員になるのがおすすめです。

「お金がもったいないかも…」などと悩んでしまえば、超速攻タイプの男性にスピードで負けてしまいます。

婚活アプリのメッセージで盛り上がる内容

ここからは婚活アプリのメッセージで盛り上がる内容を紹介します!

相手と仲を深める際の参考にしてみてくださいね。

相手との共通点

もっともおすすめなのが、「相手との共通点」です。

なぜかというと、共通点をアピールすると相手に好印象を抱かれやすくなるからです。

ゆーけー
心理学で言う「類似性の法則」ですね。

たとえば、初対面の人でも、「同じ高校だ」とわかるととたんに親近感を覚えますよね。

このように、共通点をアピールすると相手に親近感・好印象を持ってもらいやすく、簡単に仲を深められるのです。

特に、共通している部分が具体的であればあるほど効果的ですよ!

メッセージ例

「プロフィール読みました! 僕も**さんと同じで旅行好きで、毎年温泉旅行行ってます!」

「おぉ、同じですね♪温泉旅行いいですよね(^^)」

相手のプロフィールに質問

相手のプロフィール・自己紹介文から質問できそうなところを見つけるのもおすすめです。

そうすることによって、相手に「きちんと自己紹介文読んでくれている」と思ってもらえます。

ゆーけー
「プロフィールを読んでない」と思われてしまうと、ブロックされかねません。

メッセージ例

「プロフィール読みました!旅行好きなんですね!僕も好きですよ♪先週カナダに行ってきたんですが、**さんは行ったことありますか?」

「えーっ、カナダは行ったことないです! 行ってみたいんですよね♪楽しかったですか?」

料理の話からデートのお誘いに

デートのお誘いにつなげたいなら、料理の話がおすすめです。

自然な流れで相手を誘えますよ。

マッチングしていきなりデートに誘うのはおすすめできません。デートに誘うのは10日〜2週間前後ですよ!

メッセージ例

「お昼にイタリアン食べました!**さんはイタリアン好きですか?」

「いいですね♪私もイタリアン好きですよ(^^)」

「そうなんですね!じゃあ今度の土曜日か日曜日、おすすめのイタリアン行きませんか?」

通話からLINE交換するのもおすすめ

婚活アプリ会員の中には、「メッセージより通話派」な方もいます。

自己紹介文に「通話派」「電話したい」という方は、マッチングして即〜2日くらいに通話を打診するようにしてください。

そうすることで、最短で仲を深められます。

ゆーけー
逆に「通話は苦手」「嫌い」という方もいますよね。僕もそうでした。でも、やってみると意外と盛り上がりますよ。

マッチングしていきなりデートに誘うのはおすすめできません。デートに誘うのは10日〜2週間前後ですよ!

メッセージ例

「**さんどんな人なのか気になります。よかったら通話で話しませんか?」

「いいですよ!LINE教えてください(^^)」

自分の個人情報

相手の心を開くには、自分の個人情報を伝えるのが手っ取り早いです。

ゆーけー
心理学でいう「自己開示の返報性」ですね。

たとえば、自分のことを何も話さずにいると、相手から「怪しいな」と思われてしまいかねません。

しっかりと個人情報を伝えて、相手に信頼してもらいましょう。

詳細な個人情報を伝える必要はありません。

メッセージ例

「僕は**市で**の仕事をしてます!○○さんはなんの仕事してるんですか?」

「私はエステティシャンですよ(^^)」

相手の趣味

婚活アプリのほとんどに、「相手の趣味がわかる機能」があります。

たとえば、人気No.1マッチングアプリのペアーズには「コミュニティ」という機能があり、相手の趣味や好みがわかるようになっています。

他にも、Omiaiには「キーワード」という機能がありますし、withには「好み」という機能があります。

相手にメッセージを送る際は、相手が参加しているコミュニティなどをチェックしましょう。

メッセージ例

「コミュニティ拝見しました!料理好きなんですね!僕も今料理練習中なんです」

「料理好きですよ♪練習中なんですね!料理できる男性かっこいいです(^^)」

ちなみに、僕はペアーズで出会った女性と結婚しました!

ペアーズを3ヶ月使ったら人気会員と結婚することになったっていう話

結婚観

youbrideなど真面目な会員が多い婚活アプリでは、結婚観をアピールするのもおすすめです。

改めてメッセージで自分の結婚観を伝えることで、「真剣なんだな」と思ってもらえるのです。

一方で、タップルやwithなど、いわゆる「恋活アプリ」では「重い」と思われる可能性もあるので注意してください。

メッセージ例

「僕も真剣に結婚相手を探してます。次に付き合う人とは結婚したいなって思ってます(^^)」

「私もです(^^)良い年齢なので、早く素敵な人を見つけたいです♪」

時事ネタ

時事ネタは盛り上がりやすい話題の一つですね。

お互いの共通点があまりないときに役立ちます。

ただし、時事ネタのチョイスには気をつけてください!

たとえば、芸能人の不倫騒動などを話題にする場合、意見や考え方が分かれてしまう可能性もあります。

ゆーけー
そうなると逆効果ですよね…。

結婚報道など、「うんうん」と相手がうなずいてくれるような話題を提供しましょう!

メッセージ例

「芸人の**さんが結婚しましたね! 記者会見見てると微笑ましくなりました(^^)」

「素敵ですよね♪理想の二人だなーって感じました」

ペット・動物

ペットを飼っている人にペットや動物の話を振ると、距離を縮められます。

ゆーけー
ペットを自分の子どもみたいに思っている人って、結構多いんですね。

また、ペットを飼っていなくても、動物好きな人とは「猫カフェ行きましょう」「柴犬カフェって知ってますか?」などデートの約束に持っていきやすいです。

メッセージ例

「写真の猫って**さんのペットですか?めっちゃかわいいですね!僕は実家で柴犬飼ってます」

「はい、私のペットですよ♪柴犬良いですね、写真見たいです(^^)」

スポーツ

スポーツの話もおすすめです。

特に、サポーター同士なら共通する話題も多いですよね。

ゆーけー
敵対しているチームだと…あまり良い印象を抱かれないので気をつけてください。

「同じサポーターの人と出会いたい!」という方におすすめしたいのがCROSS MEです。

プロフィールに応援しているチームを設定できますよ!

メッセージ例

「僕も**さんと同じで○○応援してます!最近△△選手調子悪くて心配ですよね」

「そうなんですよね(>_<)早く調子良くなってほしいです!」

仕事

仕事の話は固くなりがちですが、「自分を信用してもらう」という点でおすすめです。

婚活アプリは結婚相談所と違ってプロフィールを自分で設定できるため、中には「嘘をついているんじゃないか」と不安に思う方もいます。

自分から進んで仕事の話をすることで、相手に信用してもらえるんですね。

メッセージ例

「仕事の関係でFP1級の勉強しています!来週試験があるので、必死にがんばってます(^^)」

「そうなんですね!すごい!がんばってください♪」

婚活アプリと結婚相談所の違いについては、こちらの記事をご覧ください。

結婚相談所と婚活アプリの違いって?婚活経験者の男が実際に使って徹底比較!

学校の話

大学生なら、学校の話をすると盛り上がります。

大学生じゃなくても、出身大学の話をすると相手に信用してもらいやすくなりますよ。

ゆーけー
婚活アプリは出身大学もごまかせますからね…。

メッセージ例

「早稲田駅前ならおいしいお店紹介できますよ♪大学4年間そこに住んでいたので!」

「そうなんですね!早稲田駅なら近いので、おすすめ教えてほしいです(^^)」

「確実に高学歴の人を見つけたい」という方は、結婚相談所がおすすめです。

結婚相談所は卒業証明が必須なので、プロフィールを偽れませんよ。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【2020年】おすすめ結婚相談所ランキングTOP11!カテゴリー別に解説

婚活アプリのメッセージでNGな内容

上で紹介したメッセージを送っても、NGな内容を送ってしまうと台無しになります。

ここで紹介する内容は送らないようにしてくださいね。

シモネタ

シモネタは確実に嫌われてしまいます。

場合によっては強制退会させられる恐れもあるので気をつけてください。

婚活アプリは強制退会させられると再登録不可能です。

実際に、女子ウケは最悪です。

逆に言えば、シモネタを話してくる相手は確実に危険人物です。

危険人物に会うのは時間の無駄なので、事前に回避するようにしてください。

こちらでその他の「会ったらダメ」な会員を紹介して言います。

婚活アプリで会ったらダメな男の特徴15選!ヤリモク、既婚者、勧誘…

「何人とやりとりしてるの?」という質問

婚活アプリは同時並行が当たり前です。

ゆーけー
しかし、「同時並行を匂わさない」というのがマナーでもあるんですね。

そのため、「何人とやりとりしてるの?」という質問は無粋であり、相手に嫌われてしまいかねません。

このようにSNSを見てみても、ウケが悪いとわかります。

上手な同時並行の仕方は、こちらの記事でまとめています。

婚活の同時進行完全マニュアル!最適な人数は何人?選べないときは?

「退会するからLINE交換しよう」というお誘い

こちらはヤリモクの常套手段なので気をつけてください。

また、LINE交換したいからといってこのように誘うのも良くありません。

ヤリモクだと勘違いされてしまいます。

詳しくはこちらの記事でもまとめています!

婚活アプリで「退会するからLINE交換しよう」と言う男は信用するな

返事の催促

婚活アプリでは、返事が来なくなることがよくあります。

ゆーけー
僕もしょっちゅうでした。自分から返事を切ったこともありますし。

SNSを見てみても、同じように感じている人が多いです。

婚活アプリは次から次へと会員が増えますし、いいね!が届くので、相手に「違うな」と思われたり優先順位を下げられたりすると、すぐに関係を断たれてしまいます。

だからといって返事を催促すると、相手にプレッシャーを与えてしまいかねません。

【すぐに使える】婚活アプリメッセージのコツ

婚活アプリにはいくつかのコツがあります。

これらのコツを実践することで返信率が上がりますよ!

クローズドクエスチョンを使いこなす

質問の仕方は「クローズドクエスチョン」が基本です。

クローズドクエスチョンとは「はい」や「いいえ」のように答えが限定される質問のことで、営業の現場などで用いられます。

ゆーけー
答えを限定すると相手が返事しやすくなるんですね。

たとえば、「休みの日は何してるんですか?」だと答えが広すぎるため、返事がしやすいとは言えません。

「今週の土日は**にドライブする予定です! ○○さんは何か予定ありますか?」など工夫するようにしてください。

ペーシングを意識する

ペーシングとは、コミュニケーションの現場などでよく使われるテクニックです。

簡単に言えば、「相手とペースを合わせる」というものですね。

たとえば、相手が「1日に1回メッセージを送ってくる」というタイプなら、こちらも同じようにしましょう。

相手が「1日に1回メッセージを送ってくる」というタイプなのにメッセージを送りまくってしまうと、ブロックされてしまいかねませんよ。

バックトラッキングを使う

バックトラッキングとは、簡単に言えば「オウム返し」のことですね。

ゆーけー
バックトラッキングも、介護や看護などコミュニケーションの現場でよく使われます。

たとえば、「そうなんですね」「なるほど」といった相槌ではなく、「**さんは旅行が趣味なんですね!」「なるほど、**さんは○○の仕事してるんですね」と相手の言葉を繰り返しましょう。

そうすることで、相手に「きちんと話を聞いてくれているんだ」と好印象を与えられますよ。

デートのお誘いに役立つ「YESの法則」

デートに誘う場合、YESの法則を効果的に使いましょう。

YESの法則とは、人間の「一貫性」を利用したテクニックです。

人間は、「はい」を引き出してくれる相手の要求には、「はい」と答えやすくなってしまうんですね。

フット・イン・ザ・ドア・テクニック

こちらも営業やコミュニケーションの場面で有効なテクニックです。

「大きな要求」をOKしてもらうために、「小さな要求」をクリアするというものですね。

ゆーけー
「YESの法則」と同じです。要求を何度もOKしてもらうと、相手はこちらに対して「この人のお誘いは断れないな」と思ってしまいます。

たとえば、いきなり「ごはん行きましょう」と誘われても、ハードルが高いためすぐにはOKしてくれません。

しかし、「タメ口で話しましょう」「LINE交換しましょう」「通話しましょう」といった「小さな要求」をクリアしていけば、「ごはん行きましょう」という提案もOKしてくれやすくなるのです。

誤前提暗示

こちらもデートを誘う際におすすめのテクニックです。

たとえばですが、「来週の土曜日、ごはん行きませんか?」と誘った場合、相手は「行くか」「行かないか」の2択で考えます。

 

しかし、「**さんをごはんに誘いたいんですが、来週の土曜と日曜ならどっちが都合いいですか?」と聞いてみてください。

相手は「行くか」「行かないか」ではなく、「土曜か」「日曜か」の前提で質問の答えを考えるようになります。

返事が来やすいおすすめ婚活アプリ

婚活アプリによって「返事されやすさ」が違います。

ゆーけー
たとえば、Tinderはなかなか返事が来ません。男女ともに無料であるため遊び目的の方が多く、会員はそこまで真剣に「相手と仲良くなりたい」と考えていないんですね。

そこで、返事が来やすいおすすめの婚活アプリを紹介します。

Pairs(ペアーズ)

pairs 登録

運営会社 株式会社エウレカ
料金 女性:無料
男性:3,590円~/月
年齢層 20代~30代
会員数 累計会員数1,000万人以上
特徴 ・言わずと知れた人気No.1マッチングアプリ
・どんなユーザーにもフィットする設計
・料金が安く出会いやすい
出会いやすさ
会員の真剣度
おすすめ度

ペアーズは「コミュニティ」で同じ趣味・好みの相手と出会えます。

同じ趣味・好みだったら話が盛り上がりやすいのは当然ですよね。

また、最近ではビデオデート機能が追加され、自宅にいながらでも婚活を進められるようになりました。

ゆーけー
女性は完全無料なので、登録にデメリットはありません。

ただし、会員の真剣度は人それぞれです。

遊び目的の方もいるので、慎重に見極めるようにしてください!

pairs3

ペアーズは男女ともに登録無料です!

ちなみに僕は、3ヶ月で結婚相手を見つけました(その3ヶ月いろいろありましたが…)。

▼ 詳しくはこちら! ▼

▲ 登録無料です ▲

Omiai

運営会社 株式会社ネットマーケティング
料金 女性:無料
男性:3,980円~/月
年齢層 20代後半~30代
会員数 累計会員数400万人以上
特徴 ・日本初のマッチングアプリ
・ユーザーの質と安全性が高い
・使いやすくシンプル
出会いやすさ
会員の真剣度
おすすめ度

Omiaiはペアーズと違い、「趣味」などの共通点を探しにくいマッチングアプリではあります。

しかし、ペアーズより男性料金が高いため真面目な方が多く、積極的にメッセージしてくれますよ。

ゆーけー
一方で、警戒心が強いという特徴もあるので気をつけてください。しっかりとメッセージでやりとりしましょう!

また、Omiaiは危険人物をすぐに見分けられる婚活アプリです。

通報された相手にはイエローカードが付与されているため、要注意人物を事前に避けられるんですね。

彼女がいる人はスルーしてください

Omiaiも男女ともに登録無料です!

Omiaiは本当に綺麗でしっかりした女性が多かったです。

▼ 詳しくはこちら! ▼

▲ 登録無料です ▲

youbride(ユーブライド)

ユーブライド 登録

運営会社 株式会社Diverse
料金 女性:4,300円~/月
男性:4,300円~/月
年齢層 30代~
会員数 累計会員数194万人以上
特徴 ・成婚実績No.1マッチングアプリ
・無料会員でもメッセージが返せる
・「婚活応援コンテンツ」で他の会員に相談できる
出会いやすさ
会員の真剣度
おすすめ度

youbrideは会員の真剣度が非常に高い婚活アプリです。

男女ともに有料課金が必要なので真剣な人が多く、返信率も高いんですね。

ゆーけー
平均年齢も高く、30代以降の方におすすめします。

ペアーズやOmiaiと違ってプロフィール項目が非常に多いので、話のネタに困ることはありません。

ちなみに、課金は必要ですが、無料会員でも有料会員からのメッセージには返信できます。

女性は受け身になることが多いので、実質無料で出会える可能性が高いですよ。

youbrode

ユーブライドは真面目な人が多いです。

真剣に婚活したい方におすすめ。

▼ 詳しくはこちら! ▼

▲ 登録無料です ▲

ブライダルネット

ブライダルネット 登録

 

運営会社 株式会社IBJ
料金 女性:3,980円~/月
男性:3,980円~/月
年齢層 30代~
会員数 現会員30万人
特徴 ・大手婚活パーティー会社IBJが運営
・有料会員でなければ登録できない(アプリでお試しあり)
・会員一人ひとりにコンシェルジュが付く
出会いやすさ
会員の真剣度
おすすめ度

ブライダルネットは月額3,980円で結婚相談所並のサポートが受けられます。

有料会員になると、専任のコンシェルジュがアドバイスやサポートしてくれるんですね。

ゆーけー
ユーブライドにも専任のコンシェルジュはいますが、プレミアム会員にならないと利用できません。

また、ブライダルネットは基本的に有料会員登録しかできないため、会員の真剣度は抜群です。

さらに、日記機能でどんな人なのかわかるので、メッセージを送りやすいですよ。

アプリ版からなら30日の無料トライアルを受けられます。

結婚・お見合い・婚活・結婚相談の総合サイト ブライダルネット

ブライダルネットは月額3,980円で結婚相談所並のサポート!

男性はハイスペも多く女性におすすめです。

▼ 詳しくはこちら! ▼

▲ 登録無料です ▲

まとめ

婚活アプリのメッセージについてまとめます。

婚活アプリのメッセージについてまとめ

  • 婚活アプリではメッセージがもっとも大事
  • かならず敬語で話しかけて積極的に送る
  • 話題選びを大事に
  • シモネタなどは話さない
  • 自分に合った婚活アプリを選ぶ

メッセージを徹底攻略して、相手と仲を深めてくださいね。

スポンサードリンク

-婚活戦略

© 2021 みんなの婚活戦記