初心者向け

マッチングアプリで「やっぱり会いたくない」と思ったら選択肢は2つ

マッチングアプリで「会いたくない」と感じたら、思い悩む必要はありません!

なぜなら、取るべき行動は2つしかないからです。

「どうしようどうしよう」と悩むのは時間の無駄ですし、ストレスを抱えることになりかねません。

この記事では、マッチングアプリで50人以上と出会った筆者が、相手に対して「やっぱり会いたくない」と感じたときに取るべき行動を解説します!

「会いたくない」と思ったら取るべき行動は2つ!

「会いたくない」と思ったら、選択肢は2つしかありません。

  • 正直に話してお断りする
  • 会ってからお断りする

それぞれ説明します!

正直に話してお断りする

一番無難なのが、「正直に伝える」という選択肢です。

「行けない」ということをちゃんと言葉にして伝えるのは、社会人のマナーとして当然です。

ゆーけー
会社を辞めるときも、しっかり「辞めます」と伝えなければなりませんよね。

ただ、僕が言いたいのはマナー云々ではなく、「マッチングアプリは社会人が多い。だからこそみんな、『言葉にして伝えられる』ということに慣れている」ということです。

たしかに「会いたくない」「会えなくなった」と伝えるのは気が引けます。

しかし、社会人の多くは「言葉にして伝えられること」に慣れているため、きちんとスジを通し理由を説明すれば9割の方が納得してくれます。

ただ、大事なのは「理由を説明する」という点です!

たとえば、「会いたくなくなりました。明日のデートはナシにしてください」だと多くの方が納得しません。

「**さん、本当にごめんなさい。**さんと関係を進展させるのは難しいかな、と思いました。昨日のメッセージで、**さんとは価値観が違うなと感じたからです。私は結婚相手に価値観の一致をもっとも大事にしています。前日になって申し訳ありませんが、明日のデートはキャンセルさせてください」

こういった言い方で、しっかり理由を伝えるのが大事です。

誠実さが伝わるよう、言葉遣いにも気を付けてくださいね。

ちなみに、僕は2、3回、このような形で「会いたくない」と言われたことがありますが、まったく嫌な気はしなかったどころか「事前に伝えてくれてよかった」と感じましたよ。

会ってからお断りする

中にはレストランを予約してくれている場合もあるでしょう。

そんなときは、さすがに「会いたくない」という理由でキャンセルするのは失礼です。

ゆーけー
自分の気持ちに正直になるのは大事ですよ。でも、後述もしますが、マッチングアプリでドタキャンすると「利用規約違反」として報告される可能性があるのです…。

一度会ってみて、それでも気が変わらなければ、解散したあとに「すみません」と送りましょう。

こちらも理由がはっきりしていれば、嫌な思いをさせずに済みます。

マッチングアプリで会いたくないときのNG行動

マッチングアプリで「会いたくない」と思ったときは、上で紹介した2つの選択肢を軸に考えるべきです。

どれだけ辛くても、ここで紹介する行動は取らないよう気を付けてください!

ドタキャン、無断キャンセル

ドタキャンや無断キャンセルは、「利用規約違反」になりかねません。

こちらはマッチングアプリ「タップル」の通報画面ですが、このように「ドタキャン」の項目があります。

ゆーけー
ちなみに、僕も2回ほどドタキャンで通報しました。

何度も通報されると、最悪の場合、強制退会させられてしまいます。

強制退会させられれば再登録も不可能なので、そのマッチングアプリが使えなくなってしまうのです。

ドタキャン・無断キャンセルは絶対にやめるべき!都合が悪くなったときは、かならず別の日時を提示してください。

会う約束をしているのにブロック

「会いたくないから」といって、会う約束をしているにも関わらずブロックするのはやめてください。

たしかにブロックすると相手からはこちらにメッセージを送れませんし、プロフィール閲覧もできません。

しかし、逆上した相手がこちらを特定して嫌がらせしてくる可能性もある上に、個人情報をネットで晒される危険性もあります。

ゆーけー
僕はブロックしたわけではありませんが、一度、マッチングしただけなのに特定されたことがあります。かなり怖かったですよ…。

さらに、会う約束をしている場合、上でも書いたように相手はお店を予約している場合もあるのです。

場合によっては個人を特定された上にキャンセル料を請求されることもありますよ。

逆にダラダラ会い続ける

会いたくないのに、自分の気持ちに嘘をついてダラダラ会い続けるのもよくありません。

この人とは結婚観が違うってわかってる。でも、一緒にいて楽しいし、他の良い人がいないし…

このように考える方もいるでしょうが、「結婚できない人」とはいつまで経っても結婚できないので注意してください。

マッチングアプリの中には、ほとんど結婚願望がない人もいます。

「本気で結婚したい」と考える方がそういった方と会い続けても、寂しさは埋められるでしょうが、良いように遊ばれて気づけば30代、40代…ということになりかねませんよ!

そもそもマッチングアプリで「会いたくない」のはなぜ?

「会いたくない」と思ったら、筋を通して理由を説明するべき、もしくは会ってから決めるべきと説明しましたが…

そもそも「なぜ会いたくないか」をはっきりさせるのも大事です。

ゆーけー
もし相手に問題がないのだとしたら、自分がいろいろと変えていかなければなりませんからね。

そこで、会いたくない理由について解説します。

相手に問題があるわけでなく会うこと自体が面倒

漠然と「なんかめんどくさくなってきた」というパターンです。

友達と旅行に行く約束をしても、その日が近づくにつれ「行きたくないかも」と思ってしまう方もいるでしょう。

この場合、「面倒な部分」だけをクローズアップして考えてしまうからそう思うわけです。

 

たとえば、「もし付き合ったとしたら、喧嘩もすることになるだろうし、本当に結婚してくれるかもわからないし…。あー、なんかめんどくさくなってきた!」という感じですね。

たしかに付き合うのは面倒ですが、同時に、一人では入りづらかったお店に入れますし、孤独に陥ることはありませんし、幸せな気分にも浸れます。

もしうまくいかなかったとしても、自分が成長するきっかけにもなります。

このように、恋愛にはマイナスな面よりもプラスな面のほうが多いわけです!

ネガティブに考えず、前向きに気持ちを作りましょう。

メッセージのやりとりで「違うな」と思いはじめた

デートの約束はできたけど、その後のやりとりで「価値観が違う」と思うはじめたパターンです。

たとえば、約束したあとのやりとりで「デート終わったら俺ん家来る?笑」みたいなこと言われたら、「え…ヤリモク…?」と感じてしまいますよね。

また、Twitterなどで相手が「危険人物だ」とさらされていたら、「会いたくない」と感じるのは当然です。

この場合、自分に非はないので、すみやかに相手と距離を置きましょう。

こちらの記事で紹介している特徴に当てはまった方は、会わないようにするのが賢明ですよ!

他に良い人ができた

マッチングアプリは同時並行が当たり前ですよね。

その中で1人「良いかも」と思う人ができたら、「他の人と会っても時間の無駄だしな」と思ってしまうのは無理もありません。

会いたくないならできるだけ早く相手にその旨を伝えるのがおすすめですが…

ゆーけー
ただ、その「本命」の方と自分がうまくいく保証もないわけです。本命がうまくいかなかったときのために、一度、会っておくのも悪くありませんよ!

マッチングアプリで「会いたくない」と伝えられたら

逆に、相手から「会いたくない」と伝えられたらどうすればいいのか…。

まず、落ち着いてくださいね。

僕も経験ありますが、フラれたときと同じくらいショックに陥りますよね…。

その上で、取るべき行動を紹介します。

冷静になって紳士的に返信

「会いたくない」というメッセージは、それなりの覚悟を持って送っているはずです。

ゆーけー
不誠実な人なら、そもそもそんなメッセージ送ってきません。ドタキャンして終わりです。

そのため、「え!?会いたくないなんてそんなこと言わないでよ!」みたいに食い下がっても、相手の意思は変わらないことがほとんどです。

辛いのは相手も同じなので、納得いかない気持ちをぐっと答えて返事するようにしてください。

僕が送ったメッセージの例文を紹介しておきます。

メモ

**さん、ご連絡ありがとうございます。

**さんのことを本当に素敵な人だと思っていたので、お会いできなくなるのは残念です。

**さんの婚活がうまくいくよう、お祈りしています。

やりとりしてくれて、ありがとうございました。

一から相手探ししなくていいよう同時進行

一人の異性とだけやりとりしていると、その相手とうまくいかなくなったら、また最初から別の誰かを見つけなければなりません。

そうなれば、婚活にかなり時間がかかってしまいます。

婚活アプリ 同時進行

時間を無駄にしないためにも、同時進行を心がけましょう!

同時進行のコツはこちらで解説しています。

別のマッチングアプリを試す

なかなか会ってくれる人が見つからない場合、使っているマッチングアプリが自分に合っていない可能性があります。

マッチングアプリによって特徴や会員層が違うので、「Aでは出会えなかったけどBでは出会えた」となる可能性もあるわけです。

ゆーけー
実際に、僕はTinderではほとんど出会えませんでしたが、ペアーズやOmiaiではたくさんの女性と会えました。

まずはいろんなマッチングアプリを使ってみて、「自分に合うもの」を見つけるようにしてください。

マッチングアプリに関しては、こちらの記事ですべてレビューしています!

違う婚活方法を試す

マッチングアプリを使ってみてもダメだった場合、婚活方法を変えてみるのがおすすめです。

たとえば、結婚相談所だとお互いの間にコンシェルジュが入ってくれるものも多く、相手からいきなり「会いたくない」と断られることはほとんどありません。

ただ、結婚相談所に関してこのように感じる方も多いでしょう。

マッチングアプリと違って高いんでしょ?

僕もそう思っていたのですが、最近はオンライン化が進み、すべてがオンラインで完結する格安の結婚相談所も増えています。

たとえば、オリコン満足度3冠のエン婚活エージェントは、他の結婚相談所の料金の約1/10で始められます!

他にも、CMなどでおなじみ「ゼクシィ縁結びエージェント」は店舗型であるにも関わらず非常に低価格な上に、マッチングコンシェルジュがしっかりサポートしてくれるのです。

詳しくはこちらの記事でもまとめています。

まとめ

マッチングアプリで「会いたくない」と感じたときの行動についてまとめます。

まとめ

  • 会いたくない場合は事情を説明するか、会ってから考える
  • ドタキャン・無断キャンセルNG
  • 会うことが決めっているのにブロックもNG
  • 「会いたくない」と言われたら冷静に対応
  • 他のマッチングアプリ、婚活方法も試す

自分の取るべき行動をしっかり把握してくださいね!

-初心者向け

© 2021 みんなの婚活戦記